おせち料理のうつりかわり

—————————————————————

矯正のクチコミ情報サイトはこちら

—————————————————————

江戸時代の後期に、だいたい今の形が完成していたといわれるおせち料理、そもそも、山神様にお供えするための料理として、また、お供えしたものを、自分たちも食べて願掛けをする習わしとして、定着したものです。

現代では、食べ物を重箱につめて、家族や来客と一緒にお正月にいただくのが、おせち料理として定着しています。

古くからおせち料理は、日持ちのするものを、幸せやおめでたいことが、重ねて起こりますようにとの意味から、5段の重箱に詰めて、正月の節の間食べるという習慣でした。

主婦は材料をそろえ、日持ちのするものや乾物から調理を開始して、正月の支度に取り組んだものです。

しかし現代では、おせち料理は有名店、ホテル、料亭、あるいは魚介などの専門店にオーダーする家庭が増えています。

スーパーやコンビニエンスストアでも、おせち料理の注文ができるので、選択肢は幅広くなっています。

核家族化が進み、独居や少子化で家族が大人数集まる状況も少なくなった現代では、5段の重箱を使う家庭も減り、2段や3段の小さい重箱を使うケースも少なくありません。

また中につめる祝い肴の内容なども、買ってきたおせち、自宅で詰めたおせちともに、内容は様変わりしています。

黒豆、数の子、田作り以外は、家族構成によって、子供が好んで食べるもの、洋風のおかず、市販のものの中にはフォアグラやキャビア、チーズなどが入り、家庭の構成と食の好みの多様化が、おせち料理にも反映される形になっています。