おせち料理のうつりかわり

江戸時代の後期に、だいたい今の形が完成していたといわれるおせち料理、そもそも、山神様にお供えするための料理として、また、お供えしたものを、自分たちも食べて願掛けをする習わしとして、定着したものです。

現代では、食べ物を重箱につめて、家族や来客と一緒にお正月にいただくのが、おせち料理として定着しています。

Continue reading